PROCESSCUT+ACID SHAPER の工程

シャンプー
  • ※タオルドライを行なって下さい。
  • ※ウェット状態で施術を始めます。
APRO前処理
  • ※ミストローションは毛髪全体へしっかり塗布して下さい。
  • ※クリームはハイダメージ部分に塗布して下さい。
ACID SHAPER塗布
  • ※30or50を選定して塗布して下さい
    [使用量の目安] ショート・・・・・・・・・・・・・・10g〜30g
    ミディアム・・・・・・・・・・・30g〜50g
    ロング・・・・・・・・・・・・・・・・・50g〜
放置
  • ※20分放置して下さい。
    硬毛や撥水毛は30分放置(加湿)
お流し
APRO HAIR MASK
  • ※1~2分のチェンジリンスを行なって下さい。
  • ※酸の収れんを感じ、滑りがなくなるまでしっかりお流しをして下さい。
  • ※ヘアマスクをミディアム・ロングで500円玉2枚程度を目安とし、塗布して下さい。
  • ※ヘアマスク塗布後軽くお流し
DHCAREMIST塗布
  • ※毛髪全体になじませてください。

    [使用量の目安]
    ミディアム・・・・・・・・・・・
    毛髪全体的に馴染ませて、コーミングしてください。

ドライ・熱処理
  • ※90%以上しっかりドライを行なって下さい。
  • ※ドライ後、アイロン等を用いて熱を毛髪へ与えて下さい。
    (例:アイロンは180度設定 スライス幅3cm程度)
前処理の目安
前処理の目安図
前処理の目安図

ダメージレベルをコントロールし作用を均一にすることで、より美しいトリートメント効果を期待できます。
APROの前処理剤には。毛髪のバランスを整える成分が配合されています。

ACID SHAPERの注意点CAREFUL POINT

  • ・ACID SHAPERは肌に刺激を与える場合があります(手袋・イヤーキャップ着用をお勧めします)
  • ・ACID SHAPER施術後24時間以内は髪を濡らさないよう注意してください。
  • ・ヘアカラーが褪色することがあります。
  • ・ヘアカラーメニューを同日に施術する場合はACID SHAPERを先に施術してください。
  • ・施術中のお流しが充分でない場合や、24時間以内に髪が濡れてしまうと稀に残臭が残る場合がございます。